群青色のカケラ

オリジナル創作とか日常とかひとりごととか。

今の書きかけ

http://azuritedream.web.fc2.com/ori-2017sakura.htm
夜景が呼吸している。
国家の公共機関ばかりがこの街を動かしている。
使命感に胸をときめかせながら公務員になったものの、私もなんてことはない、取るに足らないただの一つの歯車だ。
私の仕事って一体何なんだろう。なんて、答えのない自問自答が虚しく宙を泳ぐ。
無数の夜の煌めきを眺めながら、八十六階のオフィスの窓から、世界を見下ろしている。
私は今ここで呼吸をしている。
空気の原子の一粒になったような心地で、呼吸をしている。
ひらりと、何か白いものが目の前を流れた。蝶……いや、そんなはずはない。だって真夜中だ。むしろ蛾だけど、それは考えたくない。
花びらのように見えた。
少しだけ、どこか懐かしい香りのする風が吹いていた。
ガラスの隙間から、ほんの少しだけ外の世界が流れ込んでくる。
まるで水面に浮かんで息継ぎするような、そんな呼吸を繰り返して、私は大きく息を吸い込んだ。

翌日、残業続きで疲れの取れない体をのろのろ叩き起こして出勤する。
まだ二十代だもん。勤務歴もまだほんの数年しかない私が、更年期みたいなこと言ってられない。覚える仕事も、これから経験しなきゃいけない仕事も山ほどある。
制服に身を包むと、シャキッと、折り目のついたシャツのような気持ちになる。人は見た目が大事って言葉は正しい。メラビアンの法則。人間は目から入る情報に、大きく思考を左右されるのだ。
ふと気づく。オフィスに、花瓶が増えていた。
おや。誰が飾ったのかしら。
「誰か、お祝いごと? 昇進かな」
「いや、なんかね、今日ミーティングで詳しく聞かされるらしいんだけど、新しく始まるプロジェクトと関係あるらしいよ、それ」
スポンサーサイト


何年振りかのジグソーパズル。

@sousakuTL不老不死の吸血鬼が、自分の愛する人の屍を桜の木の下に埋めて、
毎年真っ赤に咲く桜の花を食べて生き続けてる、
って設定のお話を書きたいんだよ。

お話書くことが気分転換だったのに、お話書くのが下手になりすぎて落ち込んでる。やだやだ。そんなことで泣いてる自分やだやだ。
落ち込むよりは楽しい感情を誰かに感染させたい。
気持ちよくない言葉を人目にさらして空気を下げるくらいなら、世界の美しい図書館(写真集)の景色の描写を5000字ぐらい書きたい。物語に漬け込んて描きたい。

 | HOME | 

プロフィール

風絵

Author:風絵
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード