群青色のカケラ

オリジナル創作とか日常とかひとりごととか。

初期設定・ルルーナ


大昔に描いたキャラ表①。
あとほかのキャラもある。
原点が一番大事だなぁ。


あー・・・カラオケしたいなぁ
スポンサーサイト

no title


どうやら指が入ったな爆笑




月一の不調週間突入。
情緒不安定を収めようと夜中まで物書きしてたら夜更かしで翌朝まで不調継続中。

書いてんだけどなー
ユグドラーシル編はどの辺まで行ったら終わるのか。
早くルルーナ連れ出して次の展開行きたい。
ほとんど脳内で展開出来上がってたのになぜ今まで何年も書かずにいたのか不思議だ。
きっと書いたら、読んだときがっかりしちゃうのが怖いからだろうなぁ。
違うんだこれ本当はもっとすごい話なんだっていう自惚れ。

イザベラVSレフラの展開とか早く読みたい超読みたい。
もう本当誰か代わりに書いてくれ私の筆力じゃ壮大な話が書けないんだ。



no title

書きたいのに...力尽きてる自分が悔しい。

ランゲルの話早く書きたい。
ルルーナの片恋相手。
こいつが藍染みたいなやつなんですよ(ばらした)にやにやにや。
あああ、だめだよこんな悪い男に引っ掛かっちゃ。早く助けてあげないと。
しかしルルーナの目にはきっと、風早くんみたいな爽やか青年に映ってるに違いない。

アルティメイト考えると島谷ひとみ聞きたくなる。あああ大好きだったなぁこの頃。

「Mermaid」を聴いてすげぇ切なくなった。
あああこの物語、リュウキだ!(水龍神戯)
早く書きたい書きたい、男装の仙女。いや男装じゃなくていいけど男装にするだろうな私の脳みそは。

no title

書かないと進まないので、自棄のよーに書こうとしているユグドラーシル編。

白いコピー紙をがりがりと草稿の文字で埋めていくのが日課です。
ああキャラクターがつかめない。

no title


宣言しないとズルズル流しそうなので書いておく。

ピクシブの3分小説に出したいんです。短編でいいらしいんで何か書こう。

10月中にジンハの話とケーキの話、ネーム切ってしまいたい。

久々に「マジックナイトレイアース」を読んだらめっちゃ面白かった。
こんな漫画が読みたい。

自分用復習。

アルティメイトを書きながら、なぜか神話の本だけではなく、高校の頃の生物の本を引っ張り出す私。
ユグドラーシルは植物・生物・鉱物の研究のイメージ。
昔、錬金術の研究から化学が発展したのは、確か中東のほうだっけ。

ユグドラーシルの元自体はもちろん、北欧神話の世界樹なんだけどね。だからやっぱり植物育ててるイメージかなぁ。

光合成の研究とか絶対してると思うんだ。
光と水と空気と土。葉緑体に同化色素。チラコイド・グラナ・ストロマ。酸素を使う好気呼吸、使わない嫌気呼吸。

今見てるとねー・・・
・細胞の構造
・代謝とエネルギー
・生殖、発生
・遺伝と突然変異
・神経・ホルモン
・植物群落、生態系のバランス

おおざっぱにこういう内容だったと思う。(手短に復習中)
メンデルの法則とか形成体(オーガナイザー)とか概日リズムとか恒常性とか。

あのソラマメの掛け合わせとか、植物の成長を促進するホルモンとか、受精卵二つにくくって、二匹の個体を誕生させるとか。
科学の観点から離れて、普通の感覚で考えてみたら、これはもう、魔法だと思うの。
今、生物の教科書見ながら、一次胚と二次胚の図(魚のおなかにもう一つ頭が生えてる)を見て、普通にぞっとした。
なんだこれ人間がこんなことしていいのか。こんなふうに生命の形を変えるなんて、神の領域じゃないのか。悪い魔法使いが呪いをかけたような姿だ。
なんかそういうことを考えてしまう。そんな風に感じてしまう私のほうがおかしいのかな。
科学と言う現代の魔法の中では、こちらのほうが常識。
ルルーナはどんな魔法の花を育ててるんだろう。木の葉が紅葉する仕組みとか教えたらものすごく感動しそうだ。








さらにもう少し復習してて、今度は化学。
うん。一年のとき一桁台の点数とって挫折しました。←

でも元素記号とかなーー、暗記要素はもうちょっと面白いと思ったんだけどな。
余談だけど「萌える元素記号」の本が読んでみたい。
あと炎色反応!!!これはきっと覚えてて損はないよね、魔法っぽいよね。

化学そのものは全然ダメで拒絶したいところなんだけど、科学史みたいなものは凄く好きだな。
錬金術から化学へ。

鉱物の写真とか凄く好き。結晶とか。
こういうものを自然界の力ではなく、人間が自由自在に作り出せるとしたら凄くないか。

化学はどちらかというとエクセルの得意分野だな。あいつ理系だから。

no title


ケーキを描く練習。

神話の本とか。

高校生だったときは、図書館に引きこもってる生徒でした。
なんかもうとにかく毎日毎日「私は物語が書きたいんだ!」って、取り憑かれたように思い続けてて、吐き気がするほどぶっ通しで一日中本をめくり続けた日もあって、本当にあの頃の活字はちゃんと目に入ってたのかどうかもわからない。
でも、荻原紀子や上橋菜穂子、ヴェルヌやデュマやルイスの本を読みながら、熱く感動するのと同時に、泣きたくなるくらい自分の凡人さにぶち当たるんだよね。

ああ、私にはこんな物語を書く道具がないなって。
何か書きたくても私は全然言葉を知らない、世界の素材になる知識が無い。
勉強するしかないなって思った。
違うのに私が知りたいことや覚えたいことは、毎日黒板に書かれるモノクロな単語なんかじゃないのに。
感情の無い記号のような英単語の羅列。細かい揚げ足取りのような世界史の間違い探し。理解なんてものを遥かかなたに置き去りにして進んでいく、数学の公式の洪水。文章を味わうこともないままにひたすら現代語訳の強制で進んでいく古文。
あまりにも機械的な作業の繰り返し。ものすごく怖かった。
違うのに違うのに違うのに。
ひたすら繰り返しの暗記暗記で毎日の時間が埋められていくなら、そこに人間の感情とか希望とか、どこに存在するんだろう。なんだか私自身も、文字の羅列の1ページに変わって閉じ込められてしまいそうだ。

物語の材料が必要だった。


で、その頃に、神話の本とか一通り読んでおかなきゃ的な気分になって、シリーズものざらざら読んでたはずなんだけど、全然もう今覚えてないんだよね。


それよりも以前に、中学生のとき、図書館で「創世の神話」(タイトル思い出せない)の本があって。
いろんな世界中の神話の、創世神話を集めた本があったんだよね。
旧約聖書や日本神話の国生み、ギリシア神話。
いろんな国によって「世界の始まり」や「最初の人間の登場」「火や水」「太陽や月の神」の認識が全然違うのがすごく面白い。
その本では、一番最後の章に「科学の神話」というような章立てがあって。
ビッグバンから生まれた宇宙の始まりのお話が締めくくっていた。
なんだか衝撃的だった。
ああ、これも神話か。


小学生のとき、宇宙の話が好きでした。いや、当時は怖かったから忘れられなかったんだと思うけど。
同じクラスの友達が「星世界探検」ていう本を持っていて。学習漫画形式の。
宇宙から来たセレナさん(女神みたいな綺麗な人)が、小学生の男の子と女の子をつれて、宇宙の星の様子を見に行く展開。
超新星や赤色巨星やブラックポールの謎とか、宇宙の原子や中性子や、太陽が燃えてる仕組みや、地球の内側の構成とか太陽系の惑星の大きさ・主な元素・重力の違いとか、恒星の明るさの違いとか、全部語ってたと思う。
今こういう面白い学習漫画って無いのかな?すごく面白かったと思うんだけど。
たかしよいちの漫画の、歴史探偵シリーズ(恐竜の謎を解く話)も大好きでした。
脱線。戻る。


で、そういう話が凄く好きで、そういうネタおさらいしておきたいなと思ったって話。
kazae-1141876020-8.jpg
棚を写メってたやつが残ってたwwこのシリーズ好きよ。
北欧神話北欧神話
(1992/08)
H.R.エリス デイヴィッドソン

商品詳細を見る

確かこの装丁のシリーズ。


神話ってどういう種類があるんだろう。

私が高校時代読み漁ってた中では、「世界の神話」シリーズがあって
エジプトの神話―兄弟神のあらそい (ちくま文庫―世界の神話)エジプトの神話―兄弟神のあらそい (ちくま文庫―世界の神話)
(1997/08)
矢島 文夫

商品詳細を見る

検索したけど文庫版しか無いなー・・・。児童向けのハードカバーだったんだけど。筑摩書房のヤツね。

その全10巻のシリーズでは、

メソポタミア、
エジプト、
ギリシア・ローマ、
ヘブライ、
ペルシア、
インド、
中国
北欧
ケルト
日本

・・・の、神話があって、それぞれ特徴があるんだなあぐらいに思ってた。
自分の中でその特徴を認識できるくらいになったらきっと楽しいだろうなぁ。

サイトの整備と一緒に、資料系のHPのリンクページもつくろうか。



「かざした右手に願いをこめて」


今ぐらいの気温がすごく空き。
朝起きたら涼しくて、窓から柔らかい陽射し。秋の空。
居間に行くと父がコーヒー飲みながら朝のニュース見てる。
バタートーストが食べたくなる。
洗濯物干したら気持ちいいだろうな。

空を撮ろうと思ったけど代わりに駅から。





島谷ひとみのペルセウスを聞いてたらなんだか熱くなって涙が出そうだ。
あうう、これなんだよ、私のアルティメイトこれなんだよ。
あのときに、この歌の中で見えた、空の色も、太陽の光も、星の瞬きも、竜の翼もまだ見えてるのに。
読みたいなぁこんなファンタジーが。

この話絶対書こうと思った、自分との約束はまだ果たせてないままだ。
待ってろ、絶対に宝箱を見つけてやるからな。

ねむれん。


職場のマネージャーとご飯たべいって、そのあとゲーセン行ってとってもらっちゃった。
仕事頑張ろう。





ちくしょう、チアの話が書きたい。

長編は書き終わらないから、次のオフ本用の短編考えるべきだわ。

でもチアが、背中に羽がくっついちゃってて「どうしても切らなきゃだめ?」って泣きそうな顔してたときの話が書きたいんだよぉぉ。

自己分析。//【broken beat】続くかわからないけど続きらしきもの①

今日も少しアルティメイトの続き書いてました。前回の更新分に足してます。

どうやら私が一息に書けるのは、ルーズリーフ1,2枚分らしい。(少なっ)

うーん、前回の「十二単」が20行×36文字の二段落で1P。せいぜいその1P分。
うううん、少ないようもっと書きたいよう。
漫画のプロット書くようなつもりでもうちょっと骨組みから頑張ります。

その縦書き書式で換算したとき、さっきの「アルティメイト」の更新分でせいぜい4P。
ちなみに比較してみると、外伝の「月夜と陰陽師」がおよそ20Pでした。
一話が一話になってないボリューム。だって起承転結入ってないもん。



イベント前の根詰めて文章書いてたとき楽しかったなぁぁ。漫画の下書き描いてたときとか。
仕事にいっぱいいっぱいで余裕なくて「もーこれ終わったら創作なんてやんない夢見ない(げんなり)」ぐらいに思ってたのに。Mなのか。Mです。(断言)






とりあえず、何か書きたい病気なので(断言)
ちらちら言ってる「broken beat」の続きらしきものでも。
息抜きのつもりでぽつぽつ書いてたら、ある程度まとまりのいいところまで書いてしまったので、外に出したくなったというもの。
もっとこのキャラたちに台詞とか喋らせたい。


more »

ぼんのう。

キオに「ジンハさーーん!」て言わせたい。うずうずうず。
最近「トリコ」が好きなんで、トリコと小松のコンビみたいになってしまいそうだ。


気持ち切り替わってねぇぇ!!

ケーキ嬢のふわふわのドレス書きたい。

詞が書きたい。
でも全然言葉が浮かばない。読書したい。

「broken beat」の続きの話書きたい。しかしあれは本気で暗い。救いもない。

「ファンタジー道中記」はどこまで書いたら私にとって完結なのか。
未練のある場面全部書き出してしまいたい。


「お祭り四天王」(仮)の話が書きたい。
放生会擬人化みたいな。
めっちゃ馬鹿馬鹿しい話にしたい。
「ゆくぜっ、必殺☆イカ焼きソード!」「なんだとっ!くらえわたあめボンバー!」「カルメラ手裏剣!」「うわあああ!」「射的は俺にまかせろ、いいからお前は先に行けぇぇぇ!」
的な。



短編をさくっと起承転結まとめられる力がほしい。


切り替わってねぇぇ
おやすみなさい!


あああ、早くレフラがルルーナに「あんた騙されてるよ!」「こんなところに閉じこもってないで、あたしと世界を見に行こう」って言う場面書きたい。

秋になったなぁ


雲を白くすく
神様の優しい手





いろいろやりたいことあるけど、明日も仕事なんで気持ち切り替えて寝る。

レフラ&ルルーナ

refla-lluna1.jpg
ラクガキ投下。そのうち色塗るかもしれない。

そういえばレフラって北の国の出身だけど服が全然そんな感じじゃない。
きっとブライト・ノースは魔導師が優秀だから気候も温暖で安定しているはず という話。

プロット。


あー、アルティメイト書くの楽しい。

神話の話とかあの時期はすごくはまってたのでした。
凝って考えすぎると進まないから、もう今となっては書ける範囲で書こう。



【アルティメイト】カーローザ。

何か文章書き続けなくてはという変な使命感から、アルティメイトの続きらしきものちょこっと。

アルティメイト八話ーⅡでちょこっと出てた、カーローザさんの話。
そのうちキャラ絵とかも描けたらいいなぁ。

---------------------------------------------------

9/23 追記
【アルティメイト八話-Ⅵ】
ちょっと書いたので置いておこう。こつこつ進めたらきっと楽しい。

more »

漫画読みたいなぁ。バトルファンタジー的な。

ジンハ
モチベーションのために上げておく。

これからこいつら書き込んでいくの楽しみだな、資料集めとか。
broken beat書いてたころはカクテルや手作り酒の本ばかり読んでたけど、今度は中国物かな。武器や妖怪のネタ集めとか。
封神演義のサウンドトラックとか聞こうBGM用に。わくわく。
でも目標第一は完結させることなんで、凝縮してまとめるよ。



アルティメイトのほうを少し書いてました。
ユグドラシール編が長いんだよなー・・・。流そう流そう。




昨日、自分が過去に書いたものをまとめて読み返して気づいたこと。

私、二次創作人間なんで、そのとき好きな漫画やキャラが元ネタになることが圧倒的に多いんだけど。
そういう元ネタの話は、時間が経って読み返すと、面白くないなって気づいた。
やっぱり三次元の世界から、要素を削りだして自分の言葉で書かないと、本当に薄っぺらいな。

アルティメイトの原型の話。

ultimate-map.jpg

アルティメイトの地図はっけーん。
ルーズリーフに書いたものそのままだから、線きたなっ!

アルティメイトはもう余分な部分全部削り落として、シンプルに、レフラのドタバタ学園もの風バトルファンタジーものでいい気がしてきたわ。

とりあえず、今いるのがユグドラーシル学院だったから、攻略チャートとしては、


☆ユグドラーシル(中東・中心・)錬金術師の国。ここでルルーナを連れ出す。



☆北東フレイズミスト ・・・霧の迷宮の国に迷い込む。数学の公式のパズルを解かないと出れない。ここの一番奥に「眠り姫」と呼ばれる、パンドラの鍵を知る賢者が眠ってる。



☆西邦アースガルド(プレシャス・ユーロ)・・・ちょっと賢者の情報をつかんできたレフラたちは、古代遺跡の謎を探るべく、西の国へ。ここでちょこっと歴史の勉強(笑) プレシャス・ユーロの総督のレオドさんが協力してくれる予定。

☆で、ここらへんで、ビリオンと名乗る男が現れて、ルルーナを拉致。
「自分は『南(デッド・サウス)』から来たと言う。
で、ルルーナの過去の研究や知力を評価して、アルティメイト四連邦をひっくり返すクーデターに勧誘。

☆追ってきてビリオンと対決するレフラ。
この辺の北と南の境に、『世界の裂目』と呼ばれる深い谷があって、星獣が沢山棲んでいる。
「子供の頃、かーさんにこの谷に放り込まれたことがあるんだよね」と言って、レフラは星獣を使って闘うことが出来る。(?)ビリオン一旦退却。
ここらへんでレフラとエクセルが出会った頃の話とかちょっと書きたい(予定だった)







☆レリジャス・オリエント(東方)
こりゃあ一旦、北方オーディーンに戻って、イザベラ校長に詳しい話聞いたほうがいいなーという話になってたとき。
クーシーが、レリジャス・オリエントの一角にある蓬莱国(もしくはニフルヘイム)に迷い込んで行方不明だという話。
その国はアルティメイトの中で独立した国で、知力・魔力の高い星獣たちが、自分たちで治世を敷いて国を作っているという。
人間が入り込むと食われてしまうという話なので、どんなに魔力の高い魔導師でも、よほどのことがないと入国しない。
ただし食文化が非常に豊かだということに釣られて、レフラはクーシー救出ということで乗り込んでいく。





☆ロストブックス・タワー(パンドラ)
パンドラの鍵がそれぞれ、オーディーン・アースガルド・ユグドラーシル・ニフルヘイム・ミドガルドにあるんだということで、何気に一つずつ手に入れてて、残りはあとミドガルドだけ。
しかしミドガルドは天空に浮いてる国で、竜神族と呼ばれる人達だけが出入りしてるから、中に入れない。
エクセルお前ちょっと行って来いっていうけど、エクセルが渋っている。
ここでちょっと仲間割れ。
とりあえずパンドラの在処だけでもつきとめたいということで、レフラ・ルルーナ・その他の協力者のメンバーで、パンドラの場所を探る。
で、賢者の遺した『パンドラの箱』というのは、アルティメイト創世後封印されていた、巨大な図書館のことだった。
この中に重大なお宝が眠っているんだということで、レフラは中に入っていく。







一旦中断。


あー長いなー・・・。
これをどう凝縮したら短くまとまるだろう。後半の重い部分削りたいなー。もっと軽くいこう軽く。


アルティメイトのタイトルも変えたいんだけど、
「暴走ペルセウス」とか(センスねぇ)

まとまらない2。

自分メモ。

・サイトのリンクミス&ファイル不明の整理する予定。

・ポエムログを更新する。










で、そう思って過去に書いてたの読み返してたら「春の夜の夢」をまじで読み入ってしまった。
ああこれ当時の私のまんまやん。
この時書きたかった感情とか叫びとかが、日記以上にそのまま残ってる気がした。







タイトルのつけかたについてちょっと談義したんで、いくつか考えたいなー。
「ファンタジー道中記」をずっと変えたかったんだけど、
「冒険テール」とかふと思いついた。
いややっぱなんか違うな(爆)













ポケモンの進行具合について語りたい、かなり。
女の子主人公よく見たらポニーテールじゃないか。なんてこった。

まとまらん。


何から書けばいいかな。

今日は創作仲間と、お茶会&創作会議っしたー。
美味しいもの食べ歩き超幸せ。
今後定期的に集まって、オシャレなお店とかカフェとか探して行くんだー。
ガストで、山盛りポテトとかドリンクバーで、長々とオリジナル談義するの楽しい。

1月にまたイベント出ることが決まったので、次の本の話とかしてるよ。
人の考えた物語や文章に触れると良い刺激になります。
私の書いたもの見てもらえるのも嬉しいし、まだ形にならない物語の断片について話せるのも幸せ。

思えば長く物語ばかり書いてきたものだわ。
気づけば中学生時代から。もしかしたら小学生のときに、漫画家か小説家になりたいって日記に書いてたあの頃から。


あれこれ。

今日も自分メモ。




受けてみたかった自己満足的な検定一つ、11月に受けてみることにしました。
別に取ったって特に何の自慢にもならないよーー。でも何か勉強してみたかったんだ。
〆切作ってあげないと自分勉強しないから。検定料もったいないから勉強する。





「スレイヤーズ」をぱらぱらと読み返したらちょう面白かった。
これだよこれなんだよ私はこういうの書きたいんだよ。
なんかもう十年以上の時間がたっても、泣きたくなるくらいの熱望と渇望。




「水竜神戯」(まだ仮)のキャラクター温めたい。
「broken beat」が一山超えたので、今度はこの子たちとしばらくおつきあいすることになるのかな。
あああ、キオとかリュウキとか早く書いてあげたい。


タイトル案ないかなー。
「神狩パラダイム」とか(なんか軽い)

「broken beat」の書き溜めたネタ帳ノート読み返すと、相当面白かった。
いや、自画自賛じゃなくて(爆)
ああ、このとき一生懸命書いてたなー・・・っていう凝縮された充実感。
妄想ばっかり書いてたあの頃、なんて幸せだったんだろう。
これからももっと書きたい。がりがりがり。

やっぱり〆切作っちゃうのは、いい手段の一つだと思うの。
未熟な出来だけど、前回のコピ本の「broken beat」「彩盗十二単」も、なんとか書いたから、読み返すことが出来る。
書きたいっつーか、読みたいんだよ!私は!自分好みなジャンルの物語を!
でもなかなか出会えないから、自分で書くしかない。






毎日充実してると、ある日突然心臓止まっちゃうんじゃないかと、無性に怖くなる。
怖くなっちゃったんだ。
生きてることは決して当たり前じゃない。

神様、どうか誰も連れて行かないで。

【broken beat】たぶんまた別の話。

何か書きたくてうずうずしてるので。
こないだ書きなぐっておいたあらすじだけでも置いておく。

この頃の彼はまだ、ラックじゃなくて、その当時の名前があったはずだと思う。
自分的には「スワロ」にしたいんだけどな。風を切るツバメのように一瞬であの蒼い海に(ry
それか「ロッソ」。ほとばしる真っ赤な(ry


*******************************************


たとえば存在することには意味があって
その意味というのは役目であって
一遍の断章詞のように
続きが不意に途切れても

生きるという現象は
流れて続けていくリズム


more »

ショート・カット

もっぱら自分用メモ。

・コーヒー×ケーキ。ショートケーキのライバルはガトーショコラ嬢。あと紅茶とコーヒーがかなり仲悪い。
・お祭り四天王の戦い。


なんか・・・ふっと、ふんわりファンタジーぽいの書きたいよなぁと思って。
ファンタジー道中記の世界にふらっと立ち寄って見たら、ちょっと衝撃の光景を見てしまった。(脳内)

チアの世界はもう自分の一部みたいなもんなんで、いつでも覗きたいときに覗ける絵本みたいなもんなんだけどね?
ちょっと見てきたら、あの子、髪が短かった。
あー・・・そっかぁ、これ15,16歳くらいかなー・・・ちょっと活発な感じになってるなーと思ったら、
えええええええちょっと待て待て、あの子、ポニーテール切ったらいかん子やん。
一体何があったあああああ
確かになんかそのへんちょっといろいろしんどい事件が起こってたはずなんだけど。
なんかいろいろ勉強したくて図書館にこもってた時期があったはずなんだけど、そのへんか。
魔法使いに「弟子にしてください」って頭下げに行ったりとか。
多分この頃の彼女は比較的荒れてるんだろうなぁぁと。
せっかく場面が見えたので、メモしておく。

この子も完結してない物語なんで。
何らかの外に出せる形で書いてあげたいなぁ。場面抜粋だとしても。

ケーキ嬢。


ケーキを描くのがこんなにめんどくさいとは思わなかった・・・楽しいじゃねーかちくしょう。

ショートケーキでもカットとホールで印象違うから、そういう部分どう表現するか。

こういうケーキとか、色鉛筆画でふわっと描けたら素敵だろうなぁぁ。

お洋服描く勉強頑張ろう。

自分メモというか一言。

寝る前にコーヒー飲むのもうやめよう本当。

カフェインで心臓がドキドキしてなんか変な夢見る。

ぱたり。

眠い。寝なければ。

でも今日の創作会議のおかげですごい良い感じにやる気出たんだ。
寝たら忘れるからメモしておかなくては。

「水竜神戯」(仮)(タイトル返るよだって竜出ないし!)がすごくしっくりとまとまりかけたぞ今日。
うわー書きたいこれ。
何話分とか区切ってあらすじまとめておこうこれ。
一話分だけでもせめて。




「彩盗十二単」は、聖徳太子の官位十二階とか調べてみよう。(自分メモ)



「broken beat」も。(略)

リズの話が「CLUB UNDERWORLD」「ネオメロドラマティック」「アゲハ蝶」で、
今度は、ラックの話なんだよ・・・!
ラックは「アポロ」「空想科学少年」「月飼い」「音の無い森」「うたかた」「ハート」なんだよイメージがっっっ!!!
あと「アニマロッサ」。
うん、ひとまず「空想科学少年」だな。

再出発。


創作仲間と一緒にガストで延々と語ってました。

ケーキの擬人化とか、オリジナル原案とか、ミステリー本とか、福岡食べ歩き本作りたいとか。

ああもう、土日楽しすぎると月曜日がつらい。
いや仕事も楽しいけどさ。

宿題が沢山できた。忘れないようにしなければ。
まだまだ私、勉強不足だ。
古典とかもう一度読みかえそう。



とりあえずケーキのお嬢さんの擬人化デザインかな。
絵の修業もしたいなぁ。



あと、書きたい話の知識というか、土台になるような下調べもう一回頑張ろう。

枕草子は書きたいんだよな!!

こないだのイベントで書いた「彩盗十二単」の予備知識補充も兼ねて、平安の勉強しよう。

サイト。


久々にサイトいじろうと思って、あっというまに力尽きました。

サイト移転させたときにそのまま移せばよかったのに、リンクミスやファイル不明ばっかだから!!


書きたいよー。

次の計画。

・恐竜のクローンから生まれた女の子の話。短編あっさり。
・アルティメイト。長編凝縮版。まだ無理矢理感あるちぐはぐネームだからもう少し読み切りぽくまとめる。
・水竜神戯(仮)
一話くらいなら書けそうだけど、これ長編用なんでもっとキャラと世界観練りたい。
・インターネット・エマージェンシー
家出少女がネット犯罪ぽいのに巻き込まれてうんぬん。
頑張れば・・・まとまると思うけどキャラができてない。


broken beatの続編とかボカロ二次創作とかも書きたいよー!!
がくぽがくぽ。

9月5日のイベント


頑張りました。コピー本出しました。本当楽しかった。

 | HOME | 

プロフィール

風絵

Author:風絵
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード