群青色のカケラ

オリジナル創作とか日常とかひとりごととか。

みずつき6

とりあえず一旦水に流しとく涙のあとに虹もかかるさ
何もすることがない日の休日に
一人飲むのは水割りばかり
味気ない日々をたどってゆらゆらら
似て非なるもの水と蜜の味
ぷかぷかと波を漂う夢を見た
溺れているのは架空の理想
暑すぎも寒すぎもせず午前二時
シャワーを浴びて生まれる私
歩き出せヒレを持たない人魚姫
素肌が水を弾いて光る
スポンサーサイト

みずつき4

ひとしずく君の涙が川に落ち海まで届く心のかけら

足元のコンクリートに潜むのは人類(ヒト)が流した涙の化石

もし君の涙が海へ届いたら人魚の泡が寄り添うだろう

川底に沈む銀貨を手にすくい迷い子へ渡す「もう泣かないで」

蒼海に沈む夕陽に祈ります私の涙を探してほしい

ぽとぽとり真珠が落ちた音がした
君を泣かせてほんとにごめん



祝福をテーマに。

玄関が寂しいよねと不満げに
花束を買う理由を作る

食べるためでなく使うためでもなく
ただ祝うために飾る花束

一枚と一枚と恋を重ねては
どうにか完成したのかブーケ



いくつもの不具合叩き壊しては
集めた欠片(きぼう)磨いて飾る

買う理由なんかないんだ帰り道
ただ愛を云うケーキ詰め込み

ぽとぽとと溢れた縁は清らかに
非日常を潤してゆく





祝福をテーマに。

玄関が寂しいよねと不満げに
花束を買う理由を作る

食べるためでなく使うためでもなく
ただ祝うために飾る花束

一枚と一枚と恋を重ねては
どうにか完成したのかブーケ



いくつもの不具合叩き壊しては
集めた欠片(きぼう)磨いて飾る

買う理由なんかないんだ帰り道
ただ愛を云うケーキ詰め込み

ぽとぽとと溢れた縁は清らかに
非日常を潤してゆく





ハロウィン短歌企画

ハロウィン短歌

・今夜こそ僕も友達作るんだ
化猫が行く秋の満月

・漆黒の夜の扉を解き放ち
踊り歩こうお化けの宴

・トリックor?トリート?
今夜は君だけに
イタズラするよ会えた記念に

・キャンディやクッキー達に
いたずらの魔法をかける甘い誘惑

・練り上げた飴は魔法のステッキへ
姿を変えて魔女のお菓子に

・くり抜いた南瓜にランプの灯をつけて ジャック・オ・ランタン 笑うよルルル







 | HOME |  NEXT »

プロフィール

風絵

Author:風絵
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード