群青色のカケラ

オリジナル創作とか日常とかひとりごととか。

更新した

@Kazae_es: @sousakuTL
勢いで書いてしまったじゃないかとりかえばやの。
http://t.co/UnuZFIyNSk

だいたい現代語訳なぞってるだけの、自分が読み返すようの自己満足です。
スポンサーサイト

【とりかえばや 10】

【とりかえばや 10】


とりあえず書いたところまで。

とうとう次はあれなんですよ、夏の夜のあやまちの場面なんですよ。(ごくり)

気合入れて書きますよ、男装の姫君。

【とりかへばや】(8)(9)

(8) 触れもせで
(9) すがる袖に泣く



更新したよ。だんだん楽しくなってきた。
四の姫と密通する中将。


こういう密通がばれて女性のほうがうろたえたりっていうのは、やっぱり源氏の若菜における女三宮なんだろうか。

時代考証ってさぁ

「郭公鳴くや五月のあやめぐさあやめも知らぬ恋もするかな」

「夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいずこに月宿るらむ」

とりかへばやの空気を味わうべく、古今和歌集をちまちま読んでいます。
季節感とかさー生活習慣とかさー時代物は勉強いるよなぁぁ。


菖蒲は頭いいから、古今、和漢朗詠集、日本紀、史記、白楽天、詩経、一通り習得してるんだよ。
源氏物語も読んでるだろうなぁぁ。
そして相当源氏嫌いだろう。(私もだけどさ)鼻で笑うことだよ。
枕草子は好きだといいなぁ。


藤は絵や香が得意そうだなぁ。特に香。男になっても便利ですよ。匂宮になれますよ。
絵物語好きそうだから、竹取、宇津保、落窪、伊勢あたりは読み込んでそう。
蜻蛉日記、土佐日記、和泉式部日記とか、女房仲間の回し読みの中で読むんだよ。
土佐日記にすごい衝撃受けそうだなぁぁ。
「男もすなる日記なるものを女もしてみむとて」って。

【とりかへばや】

とりかへばや(7)「忍ぶる夜の」

更新したよ。とりあえずよくやった自分。
あああん日曜日終わりかよ。

 | HOME |  NEXT »

プロフィール

風絵

Author:風絵
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード