群青色のカケラ

オリジナル創作とか日常とかひとりごととか。

レフラ。



水彩の練習がしたかったんだよなぁ。
スポンサーサイト

ルルーナ

ruru-na2014.jpg
今日描いてたルルーナ、

今書いてるとこ

空気が、震えた。どこかで強い魔力が結ばれて、大気を振動させている。

こんな強い魔力を使えるのは。

壁が大きく軋んだ。
途端に裂ける亀裂が走って、傍の壁が砕けた。

「お、いたいた? やったぁ、あたしの勘、ジャストぴったりじゃんか」

金色の髪とマントをはためかせて。
そこに立つのは、北の国の魔道士。

「留学生、あんた」

カーローザは唖然として目を瞬かせた。
今の、強大な魔力の気配は。

「今の魔法は、あんたが…」
「壁ぶっ壊しただけだけどね」

拳に握って、かざして見せている腕に見えるものは、光の点が瞬く紋章。
北の魔導師が操るという、星の光を繋いで力を得る魔術。
印されているのは、オリオン座の星。
強大な力を得る魔術を、どうしてまだ学生の身分のレフラが難なく操っているのか。

カーローザはまだ知らない。
学業に関してはまったくもって疎かにしているレフラが、年に二度の実技試験においてはなぜか、理解し難いほどの威力の魔術をはじき出している。
魔力の潜在値を測る超新星測定においては、アルティメイトの高位魔導師に匹敵するレベルをはじき出している。

「ちょっと昔は、よく勝手に魔法使って、母さんとか他の先生にすげぇ怒られたり、罰則や謹慎くらってたけどなー。
エクセルの魔法道具が力貸してくれるおかげで、自分じゃうまくできなかった、魔力のコントロールってやつが、少しだけできるようになったんだよね。自由に遊べるのは本当便利」

魔導師レフラ。
あなたは、何者だ。

確かそんな話。

@Kazae_es: @sousakuTL
レフラさんに質問。正直、苦手な人っている? http://t.co/UYYF2XATGK
レ「うっ…うちの学校の校長…」
エクセル「ああ、イザベラ総督」
クーシー「なんで?レフラの母さんじゃん」
レ「18までに母さん超えねーと、跡継ぎとして一生束縛なんだよ」

 | HOME |  NEXT »

プロフィール

風絵

Author:風絵
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード